保険の話

初めての自動車保険選び。これは押さえておきたい補償内容。

掌にのる自動車

初めての自動車保険選び

自動車保険選びはどのようにして選んでいますか?勧められるがままですか?

私の初めての自動車保険選びは、全く分からない事ばかりでした。自動車保険がどのようなものであるのかも理解していたとは言い難かったと思います。

私の場合ですが、親から保険の等級が引き継げるという理由で、親と同じ保険会社に入りました。

初めての自動車保険選びで、その【等級】を引き継ぎ別の保険会社を選ぶ事が出来るという事を知りませんでした。

自動車保険には等級がある

そもそも等級とは?

保険加入期間の事故の有無により受けられる割引率の事です。この等級は保険会社間で共通なので持越しが出来ます。等級の割引率は以下の通りです。

  • 1等級……64%割増
  •  2等級……28%割増
  • 3等級……12%割増
  • 4等級……2%割引
  • 5等級……13%割引
  • 6(F)等級……19%割引
  • 7(F)等級…20%割引、30%割引
  •  8等級……21%割引、40%割引
  • 9等級……22%割引、43%割引
  • 10等級……23%割引、45%割引
  • 11等級……25%割引、47%割引
  • 12等級……27%割引、48%割引
  • 13等級……29%割引、49%割引
  • 14等級……31%割引、50%割引
  • 15等級……33%割引、51%割引
  • 16等級……36%割引、52%割引
  • 17等級……38%割引、53%割引
  • 18等級……40%割引、54%割引
  • 19等級……42%割引、55%割引
  • 20等級……44%割引、63%割引

7~20等級は事故の有無の違いによって割引率が変わります。

初めての自動車保険加入での等級は

初めての自動車保険加入では【基本的には6(S)等級からの加入が原則】です。1年ごとに等級は上がり、事故を起こす事で等級が3つ下がります。

等級の引継ぎが出来ない人は6等級からのスタートになります。

保険会社選びは?

私は基本的に保険会社はどこも同じだと思っています。違いがあるとするならば、町の保険屋さんで加入した場合だと思います。町の保険屋さんは事故の時に現場に駆けつけてくれたりする事もあります。これは女性や若い人には助かると思います。

ネットで選ぶ自動車保険

では、ネットでの自動車保険会社がダメかと言えばそうとは言えません。事故処理もしっかりやってくれます。それと、保険会社という性質上、お金を扱っています。保険屋さんの商品はお金なのです。お金さえきちんと払ってくれさえすれば、保険会社はそれが立派な仕事という事が言えます。

いざ事故を起こしてしまった、事故にあってしまった時は

その時は電話対応ではありますが、しっかりと対応をとってくれます。専属での担当者もついてくれますので、ネットの保険会社でも十分といえる事はしてもらえます。なにも難しい事はありません。

加害者になってしまった場合

心配なのはこちらが加害者で、万が一事故相手が納得せずに嫌がらせと思えるような行為をしてきた場合だと思います。これは私も実際にありましたが、保険会社が専属の弁護士を付けてくれます。これは無料ですし安心でした。実際、相手方も弁護士相手にはものを言えなくなったのか、私に何か言ってくる事もなくなりました。これもネットでの保険会社でしてくれました。ただ、この件については相手がある事ですので、どこの保険会社を選んでいても起こった事だとは思います。

ネットでの保険選び

ネットでの保険会社加入についても、自分でもしも不明な点があれば、きちんと対応してくれますので心配しなくても大丈夫です。それさえできれば保険会社によっては、かなりの節約となりますので、一括査定はやってみておくべきだと思います。私も一括査定によって、数万円安くなったという実績があります。

今はネット上で一括査定を利用して、今の自分に最安の保険会社を見つける事が出来ますので、是非査定してもらって下さいね。インターネットを通して契約したというだけでも何万円かの割引があるところもあります。

もちろん、全ての補償は同じです。同じ保障で違った金額がそれぞれの会社から提示されますので、そこから最安値の自動車保険を選ぶと良いでしょう。

あなたにあった一番安い自動車保険を一括見積もり! 北千住いわき法律事務所の交通事故被害プロモーション

自動車保険で付帯出来る保障は?

基本的に自動車保険といえば次にあげるものだと思います。

  1. 運転者限定特約
  2. 対人賠償保険
  3. 対物賠償保険
  4. 自損事故保険
  5. 無保険車障害保険
  6. 人身傷害補償特約
  7. 搭乗者傷害保険
  8. 車両保険

運転者限定特約

補償される運転者の範囲を限定する特約です。家族限定にしたりと補償対象者を限定的にする事で保険料が割引になる事が多いです。

対人賠償保険対物賠償保険

このふたつについては無制限に加入するべきだと思います。なぜなら、事故の相手は選ぶ事が出来ず、どんな人物(資産家等)と、どんな物(超高級車等)が事故相手になるかわからないからです。あとから補償額が足りなかったでは済まされません。

自損事故保険(いわゆる自爆)

これは自分に責任がある事故の場合に自分の怪我や同乗者に対して支払われる保険です。自損事故保険については人身傷害補償特約にて補償される場合がありますので、そのような時は自損事故保険は必要ないと思います。同じ保障を二重で支払う事になります。これは保険会社に要確認です。

無保険車傷害保険

これは事故の相手が無保険車であった場合に本来受けられるべきであった損失の補てんをしてくれるものです。これには加入した方がいいです。自賠責しか加入していない車両はまれにいます。万が一その車と自分の車が事故にあった場合、個人で話をしなくてはならなくなります。相手は任意保険にすら入っていないのですから、それだけの賠償責任をはたしてくれるとは思えません。

人身傷害補償特約

これは車に搭乗中の方が事故で死亡または身体に後遺障害や傷害を被った場合に支払われる特約です。自分が被害者であれば相手方から支払われるものですが、自分が加害者であっても治療費などを支払ってもらえる特約です。搭乗者障害保険・自損事故保険に入っていない方は入った方が良いと思います。

搭乗者傷害保険

自動車事故により、契約中の車に搭乗中の方が死傷した場合に、死亡保険金、後遺障害保険金および医療保険金を一時金として支払ってくれるものです。基本的には人身傷害補償特約で支払ってくれるので、万が一の時に一時金として手厚く補償して欲しい場合は入っておくと良いでしょう。

おもちゃの車がぶつかる写真
交通事故の加害者側になった時こそ役に立つ特約。 交通事故の加害者側になった時こそ役に立つ特約 交通事故にはあわない事が一番ですが、突然やってくるのが交通事故。最近は、自賠責保険...

車両保険

自分の車が偶然な事故により損害を被った場合に、保険金をお支払ってもらえます。車の時価であったり、過失割合であったりと意外と満額がもらえない事があります。

初心者当時少なからずやってしまうのはバッテリーあがりです。JAFを呼んでも解決してくれますが、混んでいる時などは1時間以上待った上に1万円ぐらい請求される事もあります。ジャンプスターターを自分で購入して車に置いておけば、バッテリーあがりはすぐに解決できます。USBもついているので、モバイルバッテリーチャージャーとしても大活躍します。

まとめ

自動車保険において対人・対物は無制限というのが今の常識といったところでしょう。会社によっては対人・対物が無制限でない車の使用を禁止しているところもあります。

その他の部分はその人のライフスタイルによるところも大きいと思います。保険屋さんとじっくり話し合うのも良いでしょう。

座り込んで悩む男性
交通事故の示談交渉は保険会社に任せきりで良いの? 交通事故の交渉は保険会社に任せきりで良いのか ある日突然起きてしまう交通事故。あなたは交通事故のあらゆる困難に立ち向かわなければ...
裁判所とお金
交通事故の被害者が使える弁護士特約 交通事故の被害者が使える弁護士特約 交通事故にあった時に頼りになるのは保険会社。誰もがそう思っていますよね?しかし、それは少し違...
北千住いわき法律事務所の交通事故被害プロモーション

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です